ズバリ!神前式とチャペル式ではどちらが費用がかかるの?

神前挙式のほうが費用が安い

結婚式は一生に一回の大切な儀式なので、多くのゲストに感激してもらいたい人がほとんどです。日本の伝統的な神前挙式と、教会式のチャペル挙式がありますが、どちらのほうが費用を抑えられるか知りたい人が増えています。神前挙式は基本的には、家族や親族だけで行うため、参列者の数が少ないので費用を抑えることができます。色打掛や白無垢などの豊富な衣装が揃っており、厳粛な雰囲気の中で永遠の愛を誓うことができます。チャペル挙式に比べると、神前挙式のほうが費用が安いので、幅広い年代に人気があります。親しい間柄の人だけで、アットホームな雰囲気の挙式をしたい人には、神前挙式のほうが人気があります。伝統的な和装の衣裳を着用したい人にお勧めします。

チャペル挙式のほうが費用は高め

チャペル挙式は、美しい輝きや採光のチャペルを利用して、多くのゲストの前で永遠の愛を誓うのが一般的です。純白のウェディングドレスやタキシードなどを着用するのが一般的です。事前にキリスト教の作法を覚えておく必要がありますが、キリスト教の信者でなくても、挙式ができるのが魅力です。家族や親族のほかには、友人や知人も参列するため、招待する人数が多いのが特徴です。神前挙式に比べると、チャペル挙式のほうがやや料金が高い傾向があります。結婚式場にはチャペルが併設されているので、そこで挙式を行うことが多いです。神前挙式とチャペル挙式では、どちらにも違う良さがあるので、じっくりと比較してから決めることが大事です。